IMSGEN処理手順(本番)
デ-タセット SYSG.IMSGENの中 *:サフィックス A,B,Cのどれか
1.マクロ修正
  端末の変更 ==>TERMINAL
    TRANの変更 ==>TRANSACT 準本番・本番共通
  9121 TSOへ入る。
2.ステージ1
  (1) IMS310*で一番古いものをさがす
       ==>3.4(ユーティリティの中デ-タ・リスト・メニュー)
          DS名==>SYSG.STG* 実行
    PF11でCREATE日付の一番古いものに'D'を入れDELする
 (2) 一番古いIMS310*を修正する
    A.中身を全てDELする。  'D9999'
    B.一番新しいIMS310*をまるごとCOPYしてくる。
      (1)のようにSYSG.STG*のCREATE日付で確認.
    C.今回変更のあったものの START-ENDをさがし中身を
       DELする。
    D.DELしたところに1.で修正したマクロをまるごとCOPYする
    E.SAVEする
 (3) IMSSTG1Jを修正する
    A.SYSPUNCHのDSN を今回のサフックスに合わせる。
    B.SYSIN   のDSN を今回のサフックスに合わせる。
  (4) IMSSTG1Jをサブミットする
      JCL結果で'ERROR','MNOTE'をFIND(LINKはOK)

2.ステージ2
  (1) ステージ1で作られたJCL SYSG.STGOUT*を分割・修正
    A.ヘッダ-をつける
    B.SYSA==>DISKWに修正.
   G.IMSGEN05のDFSAOUE0に関する指定を削除
      (DFSAOUE0というINCLは無い)(通常2行)    
 (2) 各JOBをサブミット
      1つめはやらなくてよい
      6つめはMFSに関するものなので通常やらなくてよい。
  (4) セキュリティ-GEN
      SECTABLJ を修正(準本のSECTBLからSYSINをコピ-) 
      SECTABLJ をサブミット
  (5) コールドスタート
      TSOの S LOGから NN IMS1 XX 
  A.本番のSTOP
      /NN/ CHE FREEZE
    B.オンラインチェンジ
      ・TOPICS.UU.JCL(ONLCHNG)を修正
     IMSGENの場合 MODBLKS,MATRIXを行う
      ・ONLCHNGをサブミット
     現在使用されていないライブラリ-へGENの内容をコピー
         する(オンライン停止前でも可)
      ・IMST01.MODSTATを変更・SAVE
     MODBLKSが AならB BならAへ変更
         (IMSが使用するライブラリ-の変更)
    C.ネットビューのSTOP
       /nnCLOSE IMMED     
        nn(CNM27のリプライ番号)
       (ネットビューを止めておかないと NORMAL RESTARTが
    入ってしまう)
    D.コールドスタート
       /S IMS1
       /NN/NRE CHKPT 0 (COLD START COMPLETED 確認)
      (/NN/STA DC 通信開放
      /STA REG MSGXX) 本番ではやらない(自動立ち上げ)
    E.ネットビュー起動
       /S CNMPROC
  (5) 後処理
  A.MASTERPRのアサイン
    ・ネットビュ-を開く
     ・??? MASTER 実行(マスターをうごかす)
     ・オンライン画面で
       /ASS LTREM MASTER NODE MASTER
    B.TSOのQUEを消しておく
       SDSFの画面で
         O 実行
         H 実行 それぞれ関連分'P'(PURGE)する。
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO