ONコード


    0000
    ONCODE組込み関数が、オン・ユニットの外で用いられた。
    
    0003 エラーと診断されたステートメントのかわりに、SIGNAL ERROR ステートメントを実行した。
    0004 SIGNAL FINISH・STOP、あるいはEXITステートメントが 実行された。 もしくは、主プロシージャーが正常に完了した。
    0009 SIGNAL ERRORステートメントが実行された。 注:さらにまたERROR条件コードが出たら、コード番号1000を参照する。
    0010 SIGNAL NAMEステートメントが実行された。 もしくは、GET DATA入力の流れの中に、認識できない識別名がある。
    0020 SIGNAL RECORDステートメントが実行された。
    0021 レコード変数がレコード・サイズより小さい。
    0022 レコード変数がレコード・サイズより大きい。
    0023 埋込みキーを入れるレコード変数の長さが、ゼロもしくは短かすぎる。
    0024 長さゼロのレコードが、REGIONALデータ・セットから読み込まれた。
    0040 SIGNAL TRANSMITステートメントが実行された。
    0041 出力データ・セットに訂正不能な転送エラーがある。
    0042 入力データ・セットに訂正不能な転送エラーがある。
    0043 索引セットへの出力(VSAM)に訂正不能な転送エラーがある。
    0044 索引セットからの入力(VSAM)に訂正不能な転送エラーがある。
    0045 順次セットへの出力(VSAM)に訂正不能な転送エラーがある。
    0046 順次セットからの入力(VSAM)に訂正不能な転送エラーがある。
    0050 SIGNAL KEYステートメントが実行された。
    0051 指定されたキーが見つからない。
    0052 データ・セットにすでに存在するレコードと同じキーをもつキー付きの レコードを追加しようとした。 もしくはREGIONAL(1)データ・セットの中ですでにレコードをもつ 区域に書き出そうとした。
    0053 INDEXEDもしくはREGIONALデータ・セットを順次的に 作成しているときに、KEYFROMオプションで指定された式の値が、 前に指定されたキー番号や区域番号の値より小さい。
    0054 キー変換エラーが起きた。おそらく原因は、区域番号が数値文字でないため
    0055 キーの指定が空白ストリングであるか、(8)V1VBで始まっている。
    0056 データ・セットの範囲外のキーを用いてレコードをアクセスしようとした。
    0057 キー付きレコードを追加するスペースがない。
    0058 追加すべきレコードのキーが、そのデータ・セットに対して 指定された範囲外にある。
    0070 SIGNAL ENDFILEステートメントが実行された。 もしくは、ファイルの区切りを過ぎたのに、まだ読み込もうとした。
    0080 SIGNAL UNDEFINEDFILEステートメントが実行された。
    0081 DECLAREステートメントの属性と、明示もしくは暗示の OPENステートメントの間で、OPEN時に、ファイル属性が矛盾している
    0082 ファイルの属性とデータ・セットの物理的な編成の間、たとえば、 ファイル編成と装置タイプの間などに、矛盾がある。
    0083 ENVIRONMENTオプショと、DDステートメントおよび データ・セット・ラベルの組み合わせた後でも、データ・セットの指定が 完成されない。 たとえば、ブロックの大きさやレコード形式が指定されていない
    0084 データ・セットとファイルとを結びつけるDDステートメントがない。
    0085 REGIONALデータ・セットと結びつけられた DIRECT OUTPUTファイルの初期設定中に、入出力エラーが 起こった
    0086 行の大きさが、システムで決められている最大値より大きい。 もしくは、ENVIRONMENTオプショで誤った値が指定されている。
    0087 ENVIRONMENTオプションと、DDステートメントおよび データ・セット・ラベルの組み合わせた後でも、データ・セットの指定に 矛盾がある。 たとえば、レコード形式とブロックの大きさやファイル編成との間に 互換性がない。
    0088 ENVIRONMENTオプションと、DDステートメントおよび データ・セット・ラベルの組み合わせた後でも、データ・セットの指定に 矛盾がある。 たとえば、レコード形式とブロックの大きさやファイル編成との間に 互換性がない。
    0089 合言葉が誤っているか、指定されていない。
    0090 SIGNAL ENDPAGEステートメントが実行された。 もしくは、行数が現在のページの大きさと等しいとき、新しい行に 書き始めようとした。
    0091 VSAMデータ・セットをアクセスするファイルに対する ENVIRONMENTオプションが誤っている。
    0092 VSAMデータ・セットを開いている間に、VSAMがエラーを検出した。
    0093 データ・セットを開いている間に、オペレーティング・システムが 識別できないエラーを検出した。
    0100 SIGNAL PENDINGステートメントが実行された。 もしくは、メッセージ待ち行列に何も入っていないとき、 TRANSIENT INPUTファイルにREAD命令を出した。
    0150 SIGNAL STRINGSIZEステートメントが実行された。 もしくは、文字ストリング変数または一時域への割当て中か、入出力操作中に 文字が失われた。
    0300 SIGNAL OVERFLOWステートメントが実行された。 もしくは、不動小数点の大きさが、システムで許される最大値を越えた。
    0310 SIGNAL FIXEDOVERFLOWステートメントが実行された。 もしくは、固定小数点算術演算の結果の長さが、システムで許される最大値を 越えた。
    0320 SIGNAL ZERODIVIDEステートメントが実行された。 もしくは、ゼロで割ろうとした。
    0330 SIGNAL UNDERFLOWステートメントが実行された。 もしくは、不動小数点の大きさが、システムで許される最小値より小さい。
    0340 SIGNAL SIZEステートメントが実行された。 もしくは、変数または一時域に対する割当て中に高位のゼロ以外の数字が 失われたか、入出力操作中に有効数字が失われた。
    0341 入出力操作中に高位のゼロ以外の数字が失われた。
    0350 SIGNAL STRINGRANGEステートメントが実行された。 もしくは、SUBSTR参照の引数の長さが、SUBSTR組込み関数に 対して記述されている規則に合わなかった。
    0360 割振りをするのに充分な記憶域が空いていないエリアに、 基底付変数を割り振ろうとした。
    0361 もとにエリアを割り振るだけの充分なスペースが目標エリアにない。
    0362 SIGNAL AREAステートメントが実行された。
    0400 チェックアウト・コンパイラのみ。 SIGNAL ATTENTIONステートメントが実行された。 もしくは、端末から注意信号が出た。
    0500 SIGNAL CONDITION(条件)ステートメントが実行された。
    0510 SIGNAL CHECKステートメントが実行された。 もしくは、変数の値の全部または一部が変えられようとしているか、 ラベル付ステートメントや名前付ステートメントがCHECK接頭語の 範囲内で実行されようとしている。
    0520 SIGNAL SUBSCRIPTRANGEステートメントが実行された。 もしくは、添字が評価計算された結果、指定の範囲外にあることがわかった。
    0521 iSUB定義された変数の添字が、基数の変数の対応する次元の範囲外にある
    0600 SIGNAL CONVERSIONステートメントが実行された。
    0601 文字ストリングの入出力中に、誤った変換をしようとした。
    0603 GET STRINGステートメントのF形式項目を処理している間に、 エラーがあった。
    0604 GET FILEステートメントのF形式項目を処理している間に、 エラーがあった。
    0605 TRANSMIT条件のあとのGET FILEステートメントの F形式項目を処理している間に、エラーがあった。
    0606 GET STRINGステートメントのE形式項目を処理している間に、 エラーがあった。
    0607 GET FILEステートメントのE形式項目を処理している間に、 エラーがあった。
    0608 TRANSMIT条件のあとのGET FILEステートメントの E形式項目を処理している間に、エラーがあった。
    0609 GET STRINGステートメントのB形式項目を処理している間に、 エラーがあった。
    0610 GET FILEステートメントのB形式項目を処理している間に、 エラーがあった。
    0611 TRANSMIT条件のあとのGET FILEステートメントの B形式項目を処理している間に、エラーがあった。
    0612 文字ストリングから算術形式への変換中にエラーがあった。
    0613 GETまたはPUT FILEステートメントの文字ストリングを 算術形式に変換している間に、エラーがあった。
    0614 TRANSMIT条件の後にあるGETまたは PUT FILEステートメントの文字ストリングを算術形式に 変換している間に、エラーがあった。
    0615 文字ストリングからビット・ストリングへの変換中にエラーがあった。
    0616 GETまたはPUT FILEステートメントの文字ストリングを ビット・ストリングに変換している間に、エラーがあった。
    0617 TRANSMIT条件の後にあるGETまたは PUT FILEステートメントの文字ストリングをビット・ストリングに 変換している間に、エラーがあった。
    0618 文字ストリングからピクチャーへの変換中にエラーがあった。
    0619 GETまたはPUT FILEステートメントの文字ストリングを ピクチャーに変換している間に、エラーがあった。
    0620 TRANSMIT条件の後にあるGETまたは PUT FILEステートメントの文字ストリングをピクチャーに 変換している間に、エラーがあった。
    0621 GET STRINGステートメントの実行中、10進数のP形式入力に エラーがあった。
    0622 GET FILEステートメントの実行中、10進数のP形式入力に エラーがあった。
    0623 TRANSMIT条件のあとのGET FILEステートメントを実行中、 10進数のP形式入力にエラーがあった。
    0624 GET STRINGステートメントの実行中、文字のP形式入力に エラーがあった。
    0625 GET FILEステートメントの実行中、文字のP形式入力に エラーがあった。
    0626 TRANSMIT条件のあとのGET FILEステートメントを実行中、 文字のP形式入力にエラーがあった。
    1002 GETもしくはPUT STRINGでストリングの大きさを越えるデータを 指定した。
    1003 そのデータ・セットに対して前に起こったTRANSMIT条件もしくは KEY条件によって、その先の出力が妨げられた。
    1004 印刷ファイル以外のファイルに対して、 PAGE・LINE・SKIP≦0を使用しようとした。
    1005 DISPLAY(要素式)や、REPLY(文字変数)ステートメントの中の 要素式や文字変数の長さがゼロである。
    1007 REWRITEもしくはDELETEステートメントの前に、 READステートメントがない。
    1008 GET STRING DATAステートメントで指定されたストリングの 中に、認識できない識別名がある。
    1009 入出力ステートメントに指定してある操作やオプションが、ファイル属性と 一致していない。
    1011 VSAMデータ・セットを閉じるときに、入出力エラーが起こった。
    1013 前の入出力操作が不完全である。たとえば、REWRITEもしくは DELETEステートメントで、EVENTオプションをもつ READステートメントによって前に読み込まれたデータを指定したが、 WAITが実行されていない、など。
    1014 完了していない操作の数が、ENVIRONMENTオプションの NCP(n)もしくは省略時解釈で指定された数に達したとき、さらに 入出力操作を開始しよう験した。
    1015 すでに使用中の事象変数が、入出力操作に対して指定された。
    1016 ファイルを暗示的に開こうとして失敗した結果、 UNDEFINEDFILE条件が起き、その後オン・ユニットから正常に 戻るときに、ファイルが開かれていないことがわかった。
    1018 データ・リストもしくは(編集指示転送の)形式リストが終わる前に、 ファイルの終わりあるいはストリングの終わりが検出された。
    1019 現タスクで開かれていないファイルを閉じようとした。
    1020 前のREADが完了したかどうか確かめるWAITステートメントが 実行される前に、さらに次の入出力を行おうとした。
    1021 このタスクの中で他のファイルによってロックされているレコードを、 アクセスしようとした。
    1022 VSAMデータ・セットの直接アクセス記憶域のスペースが充分でない。
    1023 レコードがサブタスクの中でまだロックされている間に、 排他的ファイルが閉じられた。
    1024 装置関連ファイルでの入出力操作の順序が正しくない。
    1025 VSAMで使用できる仮想記憶域が充分でないので、 要求を満たすことができない。
    1026 VSAMデータ・セットの場合に、位置が設定されていない。
    1027 レコードが、すでに排他制御されている。
    1028 要求されたレコードが入っているボリュームが、取りつけられていない。
    1029 VSAMデータ・セットの位置再設定が失敗した。
    1500 計算エラー(SQRT組込み関数に対する短精度不動小数点引数が負である)
    1501 計算エラー(SQRT組込み関数に対する長精度不動小数点引数が負である)
    1502 計算エラー (SQRT組込み関数に対する拡張精度不動小数点引数が負である)
    1503 LOG・LOG2・LOG10組込み関数の計算エラー              (拡張精度不動小数点引数が負である)
    1504 LOG・LOG2・LOG10組込み関数の計算エラー              (短精度不動小数点引数が負である)
    1505 LOG・LOG2・LOG10組込み関数の計算エラー              (長精度不動小数点引数が負である)
    1506 SIN・COS・SIND・COSD組込み関数の計算エラー  <短精度の不動小数点引数の絶対値が、(2**18)*Pi(SINとCOS)、もしくは     (2**18)*180(SINDとCOSD)を越えている>
    1507 SIN・COS・SIND・COSD組込み関数の計算エラー  <長精度の不動小数点引数の絶対値が、(2**50)*Pi(SINとCOS)、もしくは     (2**50)*180(SINDとCOSD)を越えている>
    1508 計算エラー  <TAN・TAND組込み関数に対する短精度の不動小数点引数の   絶対値が、(2**18)*Piもしくは(2**18)*180を越えている>
    1509 計算エラー  <TAN・TAND組込み関数に対する長精度の不動小数点引数の   絶対値が、(2**50)*Piもしくは(2**50)*180を越えている>
    1510 計算エラー(ATAN・ATAND組込み関数に対する短精度の 不動小数点引数が両方ともゼロである)
    1511 計算エラー(ATAN・ATAND組込み関数に対する長精度の 不動小数点引数が両方ともゼロである)
    1514 計算エラー(ATAN組込み関数に対する短精度の 不動小数点引数の絶対値が1を越えている)
    1515 計算エラー(ATAN組込み関数に対する長精度の 不動小数点引数の絶対値が1を越えている)
    1516 計算エラー(ATAN組込み関数に対する拡張精度の 不動小数点引数の絶対値が1を越えている)
    1517 SIN・COS・SIND・COSD組込み関数の計算エラー  <拡張精度の不動小数点引数の絶対値が、(2**106)*Pi(SINとCOS)、   もしくは、(2**106)*180(SINDとCOSD)を越えている>
    1518 計算エラー(ASIN・ACOS組込み関数に対する短精度の 不動小数点引数の絶対値が1を越えている)
    1519 計算エラー(ASIN・ACOS組込み関数に対する長精度の 不動小数点引数の絶対値が1を越えている)
    1520 計算エラー(ASIN・ACOS組込み関数に対する拡張精度の 不動小数点引数の絶対値が1を越えている)
    1521 計算エラー(ATAN・ATAND組込み関数に対する拡張精度の 不動小数点引数が両方ともゼロである)
    1522 計算エラー  <TAN・TAND組込み関数に対する拡張精度の不動小数点引数の   絶対値が、それぞれ≧(2**106)*Pi、もしくは≧(2**106)*180である>
    1550 計算エラー(実数の短精度不動小数点基数がゼロで、 しかも固定小数点整数の指数が正でない)
    1551 計算エラー(実数の長精度不動小数点基数がゼロで、 しかも固定小数点整数の指数が正でない)
    1552 計算エラー(実数の短精度不動小数点基数がゼロで、 しかも不動小数点もしくは整数以外の指数が正でない)
    1553 計算エラー(実数の長精度不動小数点基数がゼロで、 しかも不動小数点もしくは整数以外の指数が正でない)
    1554 計算エラー(複素数の短精度不動小数点基数がゼロで、 しかも固定小数点整数の指数が正でない)
    1555 計算エラー(複素数の長精度不動小数点基数がゼロで、 しかも固定小数点整数の指数が正でない)
    1556 計算エラー(複素数の短精度不動小数点基数がゼロで、 しかも不動小数点もしくは整数以外の指数が正でなくかつ実数である)
    1557 計算エラー(複素数の長精度不動小数点基数がゼロで、 しかも不動小数点もしくは整数以外の指数が正でなくかつ実数である)
    1558 計算エラー(ATAN・ATANH組込み関数に対する 複素数の短精度不動小数点引数の値がそれぞれ、±1iか±1である)
    1559 計算エラー(ATAN・ATANH組込み関数に対する 複素数の長精度不動小数点引数の値がそれぞれ、±1iか±1である)
    1560 計算エラー(実数の拡張精度不動小数点基数がゼロで、 しかも固定小数点整数の指数が正でない)
    1561 計算エラー(実数の拡張精度不動小数点基数がゼロで、 しかも不動小数点もしくは整数以外の指数が正でない)
    1562 計算エラー(複素数の拡張精度不動小数点基数がゼロで、 しかも固定小数点整数の指数が正でない)
    1563 計算エラー(複素数の拡張精度不動小数点基数がゼロで、 しかも不動小数点もしくは整数以外の指数が正でない)
    1564 計算エラー(ATAN・ATANH組込み関数に対する 複素数の拡張精度不動小数点引数の値がそれぞれ、±1iか±1である)
    2002 システムの機能に制約があるので、WAITステートメントを実行できない。
    3000 編集指示入出力ステートメントのE形式項目で指定されたフィールドの幅、 小数の桁数、有効数字の桁数(w,d,s)が有効数字や符号を落とさないと 転送できないような数になっている。
    3004 チェックアウト・コンパイラのみ。GET EDITステートメントの 形式リストの中に、A形式の幅が指定されている。
    3005 チェックアウト・コンパイラのみ。GET EDITステートメントの 形式リストの中に、B形式の幅が指定されていない。
    3006 目標フィールドのピクチャー記述が、文字ストリング以外の原フィールドと 一致しない。
    3008 チェックアウト・コンパイラのみ。現在のブロックにないラベルを、 遠隔形式項目の中で指定している。
    3500 チェックアウト・コンパイラのみ。 HIGH組込み関数に対する引数がゼロより小さい。
    3501 チェックアウト・コンパイラのみ。 LOW組込み関数に対する引数がゼロより小さい。
    3502 チェックアウト・コンパイラのみ。 BIT組込み関数に対する引数がゼロより小さい。
    3503 チェックアウト・コンパイラのみ。 CHAR組込み関数に対する引数がゼロより小さい。
    3798 ONCHAR疑似変数もしくはONSOURCE疑似変数が、 文脈からはずれて用いられている。
    3799 変換されるストリングの中に無効な文字があったために CONVERSION条件が起き、その条件のためにオン・ユニットの中で ONSOURCE疑似変数やONCHAR疑似変数を用いても文字が 訂正できなかった。
    3800 チェックアウト・コンパイラのみ。 データの集合体の長さが、システムの限界の2**24バイトを越えている。
    3801 チェックアウト・コンパイラのみ。 構造の中にある配列の要素をマップすることができない。
    3802 チェックアウト・コンパイラのみ。 配列の限界が有効範囲外にある。
    3803 チェックアウト・コンパイラのみ。 配列の下限が上限より大きい。
    3804 チェックアウト・コンパイラのみ。 ストリングの長さが許容最大数より大きい。
    3805 チェックアウト・コンパイラのみ。 ストリングの長さがゼロより小さい。
    3806 チェックアウト・コンパイラのみ。 エリアの大きさが許容最大数を越えている。
    3807 チェックアウト・コンパイラのみ。 エリアの大きさがゼロより小さい。
    3808 COBOLもしくはFORTRANで、集合体をマップすることができない。
    3901 活動中のタスクとすでに結びつけられている名前変数をもつタスクを 呼び込もうとした。
    3904 事象変数がすでにDISPLAYステートメントで使用されているときに、 COMPLETION疑似変数に対する引数として指定した。
    3906 すでに活動している事象変数に対して割当てをした。
    3907 活動しているタスクとすでに結びつけられている事象変数を、 結びつけようとした。
    3909 主記憶域が充分にないとき、サブタスクを生成しようとした。                  (CALLステートメントを用いて)
    3910 活動中のタスクの数がEXECステートメントのISASIZEパラメータで 定義された限界にすでに達しているときに、タスクを生成しようとした。                  (CALLステートメントを用いて)
    3911 オン・ユニットの中のWAITステートメントが、そこからオン・ユニットに 入ったタスクの中で、すでに事象を待っていることを示している。
    3912 PUT FILE(SYSPRINT)ステートメントを実行している間に 呼び込まれたブロックで、TASKオプションをもつCALLを実行しようと した。
    3913 TASKオプションをもつCALLステートメントが、未知の入口点を 指定している。
    3914 2つのタスクで同時にFORTRANもしくはCOBOLルーチンを 呼び出そうとした。
    4000 チェックアウト・コンパイラのみ。 初期設定されていない変数を原フィールドとして用いた。
    4001 チェックアウト・コンパイラのみ。 割り振られる前に、CONTROLLED変数を参照した。
    4002 限界・長さ・またはサイズとして*を指定してある被制御変数が、前もって 記憶域を割り当てられていないので、ALLOCATEステートメントの中で 指定された。
    4003 チェックアウト・コンパイラのみ。 ALLOCATEステートメントのINオプションで指定されたエリアが、 SETオプションで指定されたオフセット変数と結びつけられると 宣言されたものと同じでない。
    4050 チェックアウト・コンパイラのみ。 空白もしくは別の初期値をもつ基底変数を参照しようとした。
    4051 チェックアウト・コンパイラのみ。 該当するエリアに有効な割当てをもっていない変数を解放しようとした。
    4052 チェックアウト・コンパイラのみ。 ポインターが、そのポインター値をもつと宣言された変数の属性と 異なる属性をもつ基底付変数をアドレスした。
    4053 チェックアウト・コンパイラのみ。 ポインターがすでにへんすうを含んでいない記憶域をアドレスしているときに 基底付変数をアドレスした。
    4054 チェックアウト・コンパイラのみ。 緩衝域が最後のものでないとき、もしくはファイルが閉じられているときに、 位置指定モードの入出力緩衝域をロケーター変数が参照した。
    4055 チェックアウト・コンパイラのみ。 該当するエリアの中にある記憶域を参照していないロケーターを、 オフセット変数に割り当てようとした。
    4056 チェックアウト・コンパイラのみ。 POINTERもしくはOFFSET組込み関数がアドレスした記憶域は、 指定されたエリアの中で正しく割り振られたものでない。
    4057 チェックアウト・コンパイラのみ。 基底付変数を修飾しているロケーターが、現タスクで 割り振られていない記憶域を参照している。
    4058 チェックアウト・コンパイラのみ。 基底付きの構造が、その構造に対して有効でないポインターを用いて 参照されている。
    5000 チェックアウト・コンパイラのみ。 渡された引数の数がパラメーターの数と一致しない。
    5001 チェックアウト・コンパイラのみ。 渡された引数の属性が、対応するパラメーターの属性と一致しない。
    5002 チェックアウト・コンパイラのみ。 返された値の属性が、関数参照の文脈で暗示された属性と一致しない。
    5003 チェックアウト・コンパイラのみ。 CALLステートメントによって呼び出されたブロックから値を返そうとした
    5004 チェックアウト・コンパイラのみ。 値を返さない関数としてブロックが呼び込まれた。
    5005 FORTRANルーチンが無効なデータ・タイプを渡した。
    5050 チェックアウト・コンパイラのみ。 定義されたへんすうを用いようとしたが、その変数の記憶域が、 もとの変数の終わりを越えている。 もしくは、POSITION属性が、許される最大値より大きい値を指定した
    5051 チェックアウト・コンパイラのみ。 単純定義されたエリアの大きさが、もとの変数のエリアより大きい。
    8091 命令例外。
    8092 特権命令例外。
    8093 EXECUTE例外
    8094 保護例外
    8095 アドレス指定例外
    8096 指定例外
    8097 データ例外
    9002 非活動ブロックの中にあるラベルを指定しているGOTOステートメントを 実行しようとした。
    9003 チェックアウト・コンパイラのみ。 最適化コンパイラでコンパイルされたプロシージャーの中にある入口点を、 そのブロックを含むプロシージャーが活動していないときに、 呼び込もうとした。
    9004 チェックアウト・コンパイラのみ。 連係編集プログラムが、指定されたデータ・セットの入口定数を 見つけることができない。
    9005 チェックアウト・コンパイラのみ。 値がラベルのリストにないラベル変数をGOTOステートメントで 使用しようとした。
    9050 プログラムが異常終了した。
    9051 チェックアウト・コンパイラでコンパイルされたプロシージャーを、 最適化コンパイラでコンパイルしたプロシージャーから呼び込もうとした。
    9101 チェックアウト・コンパイラのみ。 STEPLINESコンパイラ・オプションで指定された行数の 転送が終わった。
    E 9200 SORT/MERGEプログラムでプログラム・チェックが起こった。
    9201 SORTがCMSでサポートされていない。
    9250 取り出すべきプロシージャーが見つからない。
    9251 プロシージャーを取り出すとき、永久的な転送エラーが起こった。
    9252 FETCH/RELEASEがCMSでサポートされていない。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO