3270


    201
    パリティ エラーが検出されました。
    
    202 端末装置の内部エラー 3270PCとしての機能を実行できない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。
    204 端末装置の内部エラー 3270PCとしての機能を実行できない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。
    207 端末装置が制御装置に対して応答しなかった。 3270PCとしての機能を実行できない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。 端末装置が制御装置からの POLL に対して応答できませんでした。
    208 端末装置が制御装置に対して無効な応答を返した。 画面にエラーが表示される。 回復処理 [取消]キーを押し操作を続ける。
    209 端末装置と制御装置間の通信エラー。 3270PCとしての機能を実行できない。 回復処理 ・エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、  再び3270モードに戻る。    又は端末装置の電源を切り再度入れる。   ・同軸ケーブルの接続を検査する。   ・制御装置アダプターカードをチエックする。 制御装置と端末装置の間に通信エラーがありました。PCSMON を起動してデータ追跡を行な い、システム管理担当者に連絡してください。
    211 端末装置が制御装置に対して無効な応答を返した。 エラーが起きた端末装置がディスプレイの場合キーボードがロックされる。 回復処理 [取消]キーを押し操作を続ける。
    224 磁気ストライプ読取機(MSR)とシステム・ユニット間の永久的なエラーが発生した。 エラーが起きた端末装置がディスプレイの場合キーボードがロックされる。 回復処理 [取消]キーを押し操作を続ける。   それでもエラーが出る場合はMSRアダプター・カードの取付け及びケーブルの接続   を検査する。   その後電源を入れ直し操作を続ける。
    229 MSRアダプタ・カード上で起きた永久的なエラーが発生した。 インターラプトやサポートされない機能などかソフトウエアによって検出された。 エラーが起きた端末装置がディスプレイの場合キーボードがロックされる。 回復処理 [取消]キーを押し操作を続ける。   それでもエラーが出る場合はMSRアダプター・カードの取付けを検査する。   その後電源を入れ直し操作を続ける。
    240 3270PCエラー 3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。 端末装置は切り離されています。
    241 ホスト システムは端末装置との通信を終了しました。
    243 3270PCエラー 3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。
    445 ACT LU がColdまたはErpでない。(シングル・ステーション・タイプでは788、クラスタ・タイプでは445)
    501 モデムからのDSR(Data-Set-Ready)信号が来ていない。 3274 または 3174 制御装置がホスト・システムにオンラインしてません。モデムまたは接 続している他の装置から DSR(Data-Set-Ready) 信号が来ていません。モデムをチェックし 直してください。
    502 モデムからのCTS(Clear-to-Send)信号が失われた。
    503 セレクティブ・リセット・シーケンスを受け取った。
    504 電話回線の接続断状態。改選が接続されていない。 ・DICS指令を受け取った。 ・アダプターのエラー。 ホストとの電話回線が接続されていません。回線を接続し直してください。ホーム3270 接 続の場合、モデムまたは接続している他の装置から CD(Carrier-Detect) 信号が来ていません。
    505 専用回線の接続断状態。 初期プログラム・ロード後SNRM指令を受け取っていない。 ※イーサ接続・トークンリング接続時に通信接続途中で出ることがある。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 DISC指令、またはビーコンを受け取った。 結果 ホストシステムとの通信はできません。 回復処理 ホストシステムによる回復手順を取ってください。 (SNRM指令が必要です) 取消しキーを押し操作をやり直してください。 ホストから SNRM/SABME指令を受け取っていないため、接続できません。ホスト・システ ムによる回復手段 (SNRM/SABME) が必要です。専用回線の SDLC 接続の場合、回線が使用 不能であることも考えられます。ホストとの間の接続を確認してください。
    507 4秒間RLSDが無かった。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 4秒経過してもRLSDがなかった。 結果 ホストシステムとの通信は出来ない。 折り返しテストが実行される。 回復処理 ホストシステムによる回復手順を取ってください。
    508 モニターモードの設定が指定されているCNFG指令が受信された。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 モニターモードの設定が指定されているCNFG指令が受信された。 結果 ホストシステムとの通信は出来ない。 回復処理 CLEARかRESETが指定されたCNFG指令がホストシステムから 受信される。
    509 ループ搬送モードが指定されているCNFG指令が受信された。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 ループ搬送モードが指定されているCNFG指令が受信された。 結果 制御装置は、CNFG指令に応答したのち、搬送を抑止する。 回復処理 CLEARかRESETが指定されたCNFG指令がホストシステムから 受信される。
    510 PUが活動中でない。 結果 適用プログラムと通信できない 回復処理 ホストシステムによる回復手段をとる(ACTPUが必要) PUが 活動していません。ホスト・システムによる回復手段 (ACTPU) が必要です。
    511 PUが活動中Disconnect指令を受け取った。 結果 適用プログラムと通信できない 回復処理 ホストシステムによる回復手段をとる(ACTPUが必要)
    512 PUがすでに結合されているのにConnect指令を受け取った。 結果 ホスト適用プログラムと通信できない 回復処理 ホストシステムによる回復手段をとる(ACTPUが必要)
    514 結合エラー(バッファー・サイズの指定が奇数か、バッファー・サイズが 足りない。 結果 ホスト適用プログラムと通信できない 回復処理 ホストシステムによる回復手段をとる(ACTPUが必要)
    515 RLSDのモニターの中に、「RLSDなし」の状態が検出され、折り返しテストが 正しく実行された。 結果 ホスト適用プログラムと通信できない 回復処理 ホストシステムによる回復手段をとる(ACTPUが必要) IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 RLSDのモニターの中に、「RLSDなし」の状態が検出され、折り返しテストが 正しく実行された。 結果 ビーコンが入力され、RLSDのサンプリングが行われる。 回復処理 RLSDのサンプリングが50%を越えると、端末はビーコン発信を止め、 SNRMが要求される。
    518 THのMPFビットで示されるセグメントの順序が正しくない。 結果 MDM状態になりPUもLUも皮下堂状態化される。 回復処理 ホストシステムによる回復(SNRM)が必要。
    519 制御装置のバッファーを越える長いメッセージを受信した。 結果 ホストシステムとの通信はできない。 回復処理 ホストシステムによる回復が必要。 回復しないばわい、NCPのシステム生成パラメーを検査する。 Iフレームの最大長を越える長いデータを受信しました。ホスト・システムによる回復が必 要です。問題が解決されな場合には、NCPのシステム生成パラメーターを検査してください
    520 20秒間有効なフレームが受信されなかった。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 次の原因によりタイムアウトが発生した。 ・有効なフレームが20−25秒間受信されなかった。 ・通信スペース文字か有効なデータ文字で停止した。 結果 ホストシステムとの通信はできない。 回復処理 ネットワークが作動しているか値チェックしてください。 フレームを受け取るとリセットされます。 PCMCIA SDLC Adapter のオープンに失敗しました。PCMCIA SDLC Adapter に共有メモリー をサポートするための制御プログラムを導入する必要があります。
    521 20秒間フラグが受信されなかった。
    522 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 通信制御の制御ブロック読み取り あふれが起こった。 結果 ホストシステムとの通信はできない。 回復処理 ネットワークが作動しているか値チェックしてください。
    525 通信回線の接合上問題があった。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 通信回線の接合上問題があった。 結果 ホストシステムとの通信はできない。 折り返し、テストが実行される。 回復処理 ネットワークが作動しているか値チェックしてください。 折り返しテストができない場合はIMLが必要です。 できた場合SMRMが必要です。
    527 割り込みタイムアウトがあった。 IBM3174/3274制御装置が8100.ループに接続されている時 割り込みタイムアウトがあった。 結果 ホストシステムとの通信はできない。 折り返し、テストが実行される。 回復処理 ネットワークが作動しているか値チェックしたのち、IMLをしなおしてください。
    528 次の原因により指令拒否が発生。 ・NR文字列順序エラー ・データフィールドの定義されていない指令の受信。 ・無効な指令を受信。
    529 モデムからの異常応答。
    530 送信エラー。
    531 IBM3274が、次の理由によりNAKを送信した。 ・BCCエラー ・ENQを含むテキスト受信 ・読み取り操作中、3秒経過してもSYN,ETX,ETBを受信しない 結果 端末上にエラーが表示される 回復処理 ホストシステムによる回復手順が必要です。
    532 20秒間通信回線上でSYN文字を受信しなかった。
    533 IBM3274が、ホストシステムから送られた最後のテキスト・ブロックで、 ENQを受け取った。
    534 IBM3274が送信した最後のブロックに対する応答を受信できず、 ENQを15回送信した。
    535 IBM3274が、最後に送信に対して連続して15回のNAKを受信した。
    536 IBM3274は、ACK1の代わりに連続した15個のACK0を受信した。
    551 IBM3274が、受信したデータのなかに不良パリティーを検出した。
    590 IBM3274が非活動、または応答中。 回復処理 IBM3274の問題回復手順に従って下さい。
    591 3270PCのソフトウエアまたはハードウエアエラー。 3270PCシステム生成時にIBM3274の指定との間に不一致が合った。 回復処理 3270PCまたは3274のシステムのシステム生成を正しくやり直す。
    601 属性が失われています。
    604 無効な変換テーブルです。
    606 内部エラーです。
    620 キーボードが正しくない内部コードが発生した。 漢字番号により入力したがIBMの定義している範囲の漢字コードに変換出来なかった。 又は、ファイル転送してきたJISCIIコードをIBMの定義している範囲の漢字コード に変換出来なかった。 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 要求が不明です。
    630 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。
    631 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 コマンド連鎖開始セットを持つメッセージが受信されました。
    632 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 コマンド連鎖開始セットを持たないメッセージが受信されました。
    633 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 データをこれ以上使用できません。
    634 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 データをさらに使用できます。
    635 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 高優先順位の要求が受信されました。
    636 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 有効な構造化フィールドがまだあります。
    637 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。
    638 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。
    639 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。
    640 制御装置のエラー 正しい文字が表示されない、または3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 [取消]キーを押して下さい。 メッセージの宛先が無効です。
    641 バッファ スペースが空です。
    642 発信元が不明のメッセージが受信されました。
    645 ワークステーションの接続しているLANの中にNetWareサーバーが一つも存在していません
    646 NetWareサーバーとの接続が切断されました。
    647 指定されたNetWareサーバーが見つかりませんでした。
    648 NetWareサーバーとのアクセスに失敗しました。
    649 指定されたNetWareサーバー上のリソースのアロケーションに失敗しました。
    650 NetWareサーバーとワークステーションの間に内部エラーが発生しました。 3270PCのエラー。 3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。 サポートされていない機能です。(機械チェック)
    655 Telnet3270 サーバーからオプション・ネゴシエーションが送られるのを待っています。
    656 Telnet3270 接続で使用するTCP/IP ソケット・インターフェイスを初期化中です。
    657 Telnet3270 サーバーのホスト名からIP アドレスを解析中です。
    658 Telnet3270 接続のためのTCP 接続を初期化中です。
    659 Telnet3270 接続のためのTCP 接続が切れました。
    660 不明な SPI 機能コードです。
    670 制御プログラムのエラー。 結果 3270PCとしての機能を実行できない。 回復処理 電源を切り再度入れる。 不明なキーストローク タイプが受信されました。(機械チェック)
    671 トークン・リング・アダプター・カード又はケーブルのエラー。 3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 ケーブルをチエックした後WSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切りアダプターをチエックする。 無効なキーストローク値が受信されました。(機械チェック)
    680 LANに接続中です。そのままお待ちください。
    681 LAN アダプタの初期設定に失敗しました。 682 LAN アダプタのオープンに失敗しました。
    683 LAN アダプタの DHB サイズを判別できません。
    684 LAN アダプタの SAP のオープンに失敗しました。
    685 LAN アダプタのリンク・ステーション の接続に失敗しました。
    686 LAN ゲートウェイが動作していません。
    687 LAN ゲートウェイとのセッションが動作していません。
    688 セッションが LAN から切断されました。
    689 LAN からの TRANSMIT または RECEIVE コマンドが失敗しました。
    690 (機械チェック) 同軸ケーブルが通信アダプタに接続されていないか、または制御装置の電源がオンになっ ていません。
    691 (機械チェック) 通信アダプタに欠陥があるか、または導入されていません。
    692 (機械チェック) 3x74 制御装置は クラスター サポートで構成されていません。
    693 (機械チェック) 制御装置は SNA 通信プロトコル用に構成されていません。
    694 (機械チェック) 制御装置は 非SNA 通信プロトコル用に構成されていません。
    695 (機械チェック) 表示ステーションは制御装置とオフライン状態です。
    697 (機械チェック) 制御装置は、低速装置および拡張オンライン/オフライン機能をサポートしていません。
    698 端末から制御装置への非同期要求の待ち行列がいっぱいになった。 (IBM3274へ知らせるエラーが極めて短時間に連続して発生した場合) 3270PCとしての機能が実行出来ない。 回復処理 エラーの起きた端末でWSCTLモードに入り[CTRL] + [取消]キーを押し、 再び3270モードに戻る。   又は端末装置の電源を切り再度入れる。 OIA 標識配列がいっぱいになっています。(機械チェック)
    699 (機械チェック) OIA 標識が無効です。
    701 サポートしないカテゴリーエラー
    702 ローカル接続の場合 1536バイトより大きなRUを受信 リモート接続の場合(クラスター・タイプのみ) 2048バイトより大きなRUを受信
    703 サポートしない機能が要求された
    704 書式指定(FI)は認められません
    705 順序番号エラー SNA メッセージの順序が誤って受信されました。
    706 連鎖エラー 不正な連鎖を持つ SNA メッセージが受信されました。
    707 ブラケット・エラー 不正なブラケットを持つ SNA メッセージが受信されました。
    708 データ追跡の開始前に SNA メッセージが受信されました。 データトラフィック・リセット状態でデータを受け取った。
    709 半二重プロトコルに違反する SNA メッセージが受信されました。
    711 セッションの制約を越えた。 論理端末がすでに別のセッションにバインドしているときに、SNA BIND コマンドが受信さ れました。
    712 ブラケット・ビット(BID)拒否(RTSなし)。
    713 セッションはすでに成立していた。 論理端末がすでに同セッションにバインドしているときに、SNA BIND コマンドが受信され ました。
    714 セッションがバインドされる前に SNA メッセージが受信されました。
    715 セッションが活動化される前に SNA メッセージが受信されました。
    716 BIND RUの中に十分なバイトが含まれていない。 SNA BIND コマンドが不完全なパラメータ リストとともに受信されました。
    717 BINDを拒否した プロファイルエラー 不正な FM または TS プロファイルを指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    718 BINDを拒否した 1次プロトコルエラー 不正な1次プロトコルを指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    719 BINDを拒否した 2次プロトコルエラー 不正な2次プロトコルを指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    720 BINDを拒否した 共通プロトコルエラー 不正な共通プロトコルを指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    721 BINDを拒否した RU長さ指定エラー クラスタタイプ 64バイト未満 シングルステーションタイプ 256バイト未満
    722 BINDを拒否した LU1のために、(RUの長さ)×(ページング・カウント)の値が、 プリンタバッファーの大きさより大きく指定された
    723 BINDを拒否した LUプロファイルエラー 不正な LU タイプを指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    724 BINDを拒否した 画面サイズ指定エラー 不正な画面サイズを指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    725 BINDを拒否した 暗号化/復元化気候のための指定がある 暗号を指定した SNA BIND コマンドが受信されました。
    726 否定応答を受け取った。 SNA インバウンド メッセージは拒否されました。
    727 EXR(例外要求)を受け取った アウトバウンド メッセージは破棄されました。
    728 方向変換が必要である。
    729 Read Partition-Query構造化フィールドが 不適当な状態で送られてきた 表示ステーションが再試行状態のときに READ PARTITION コマンドが受信されました。
    731 大きすぎるインバウンド RU サイズ、およびスペース カウントを指定した SNA BIND コマ ンドが受信されました。
    732 大きすぎるアウトバウンド RU サイズおよびスペース カウントを指定した SNA BIND コマ ンドが受信されました。
    735 RU を圧縮、または圧縮解除している間に例外を検出しました。
    746 BINDを拒否した LUタイプ1 エラー
    747 SCSデータストリームのエラー
    749 LUタイプ3で読取指令受信
    750 無効な指令を受け取った 無効な 3270 コマンドが受信されました。
    751 無効な文字セットを指定した START FIELD EXTENDED, MODIFY FIELD, または SET ATTRIBUTE オーダーが受信されました。
    752 SBA RA EUA副指令で無効なアドレスが指定されている MF副指令を属性以外のアドレスに対して受け取った 無効なアドレスを指定した SET BUFFER ADDRESS, REPEAT TO ADDRESS, または ERASE UNPROTECTED TO ADDRESS オーダーが受信されました。
    753 読み取り指令、EAU指令の後にデータを受け取った。 SFE MF副指令で無効な属性または値が指定されている。 RA副指令で無効な反復文字が指定されている。 GEの後に制御コードを受け取った 次のような状況が1つ以上発生しました。 * データを含む READ MODIFIED, READ MODIFIED ALL, または READ BUFFER コマンドが受 信されました。 * 無効な文字セットを指定した、REPEAT TO ADDRESS または GRAGHIC ESCAPE オーダー が受信されました。 * 無効な属性値または文字セットを指定した、START FIELD EXTENDED, MODIFY FIELD, ま たは SET ATTRIBUTE オーダーが受信されました。
    754 SBA,RA,EUA,SF,SFE,GEまたは漢字コードの必要バイトを 全部受け取る前にデータ・ストリームが終了した。 必要なパラメータを持たない、次のいずれかのコマンドが受信されました。 * SET BUFFER ADDRESS * REPEAT TO ADDRESS * ERASE UNPROTECTED TO ADDRESS * START FIELD * START FIELD EXTENDED * MODIFY FIELD * SET ATTRIBUTE * GRAPHIC ESCAPE
    755 データ・ストリームに無効な福祉例が受信された 無効な DBCS 文字コードが受信されました。
    756 構造化フィールドにエラーがあった 無効な構造化フィールドを持つ WRITE STRUCTURED FIELD コマンドが受信されました。
    758 Set Reply Modeの指定が正しくない。 無効なモードを持つ SET REPLY MODE コマンドが受信されました。
    759 ・Set Reply Mode属性のタイプ指定が正しくない。 ・Read Partitionが最後の構造化フィールドではなかった。 ・構造化フィールドの長さが正しくかかった。 ・構造化フィールドが完全に終了していない。 ・Read Partitionのタイプの指定が正しくない。 無効な構造化フィールド長を持つ WRITE STRUCTURED FIELD コマンドが受信されました。
    760 Set Reply Modeの属性に誤りがある。 ゼロでない予約フィールドを持つ WRITE STRUCTURED FIELD コマンドが受信されました。
    761 無効な区画識別子を持つ WRITE STRUCTURED FIELD コマンドが受信されました。
    771 構造化フィールド会に無効な指令がある。 無効な STRUCTURED FIELD コマンドとともに WRITE STRUCTURED FIELD コマンドが受信 されました。
    778 ACT LU がColdまたはErpでない。(シングル・ステーション・タイプでは788、クラスタ・タイプでは445)
    779 ページングエラー
    780 グラフィックプログラムに誤りがある。 グラフィック・データ・図・SF指令などがある。 正しくない宛先を持つ内部メッセージが受信されました。
    781 GDMチェック。グラフィックSF指令に誤りがある。
    795 指令の連鎖エラー。
    796 ローカルモードまたは不使用モードである。
    797 漢字サブフィールドにSOを受けたSO/SIコードが対になっていない。 SO が受信されましたが、SO/SI が正しい対になっていません。
    798 漢字フィールドの副指令または制御コードに誤りがあった。 漢字フィールドにSO/SIコードを書き込もうとした。 SO/SI または GRAPHIC ESCAPE が DBCS フィールドで受信されました。
    799 漢字フィールドまたは漢字サブフィールド内にデータを書き込もうとしたが データが正しくない。 漢字フィールドが漢字サブフィールドに停止アドレスがくるが、その指定が正しくない。 (上のいずれのばわいも、アドレスが属性文字またはSOの直前から奇数番地目を指していない) 次のような状況が1つ以上発生しました。 * アドレスが DBCS 文字の 2 番目の文字を指している。 * DBC サブフィールド内の無効な文字属性。 * 無効な STOP アドレス。 * 一般 DBCS エラー。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO