IMSコマンド
REGIONのABENNDのさせかた
  /STO REG [1] ABDUMP[UM300]
  /STA REG MSGXX
  /STA TRAN XXX
  /STA PGM XXX
テストDB構築の時,存在しないVOLUMEへ作りにいった場合のABENDのさせかた
  TSO \DR  
      *55 XXXXX
    ND.TT.TENIX(OSCMD\)
      CANCEL 55
RESIONのアサインの変更
  /ASS CLASS 55 XX REGION 1

RECIEVE ファイル名 1:WK.S(ファイル名) [ JISCII CRIF

LISTD 'UXXXJ.UDBXX' CATALOG(SYSX.CATLG) LEV

端末立ち上げ
IMS APPLID=NCCF
パスワード OPER4
STO 端末名
STA 端末名

UDB13の更新
/FOR UD900
パスワード=年月日

TDB06の参照
/FOR TSM 
 B4 0214(PF7)
1248628 1690727

TDB09の参照
/FOR TSM 
 BX 6074281 1700417
1248628 1690727

EOFなし対応
/STO NODE U006DO
/DEQ NODE U006DO PURGE
/STA NODE U006DO

出力プリンターの切り換え
/ASS OUTPUT LTERM UXXX0X NODE UYYYPY(UXXXPX=>UYYYPY)
/DIS ASMT NODE XXXXX
/DIS ASMT LTERM XXXXX

1号機ファイルから2号機ファイルへ
 APSCOPYでOUT01にUNIT=SYSALLDA,VOL=SER=WK4001を指定する。
 0276979
BMPS  /FOR TD2180
TDB21 /FOR TD2181


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO