坊がつる賛歌



     人みな花に 酔うときも
     残雪恋し 山に入り
     涙をながす 山男
     雪解(ゆきげ)の水に 春を知る

     ミヤマキリシマ 咲き誇り
     山くれないに 大船(だいせん)の
     峰を仰ぎて 山男
     花の情けを 知る者ぞ

     四面(しめん)山なる 坊がつる
     夏はキャンプの 火を囲み
     夜空を仰ぐ 山男
     無我を悟るは この時ぞ

     出湯(いでゆ)の窓に 夜霧来て
     せせらぎに寝る 山宿に
     一夜を憩う 山男
     星を仰ぎて 明日を待つ


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO